1101(水)


8時半「中三谷の家」現場にて 東工務店 伊藤さんと原左官さんで打ち合わせ。
原さんの左官工事は 設計図で指定をしているためなのだが金額的なことについては 双方共に歩み寄っていただくほかない。
最終的には モルタル掻き落としになりそうなのだが
それまでの過程がかなりの時間を要す。つまり 結果として「掻き落とし」や「コンクリート洗い出し」
という昔ながらの仕上げを選択するために 最新の材料で幾種類もの見本を作製していただく。
仕上げの感じもそうなのだが 色彩もかなりの数を作成していただく。
その左官見本を元に 再度外壁色見本を作製していただくことになる。

9時半 「手平の家 Ⅱ」完了検査。民間の確認機構に依頼をしていたので大阪から来られたようだ。
近畿確認検査機構は和歌山市内への出張旅費が5000円と私が調べた中で最も安価だ。
内容は どこの民間確認機構も同じようなものだ。

1時から「和歌山県美術展覧会」華道の部への出展。
残念ながら受賞は逃したが 面白い作品のひとつだったと自負している。

事務所へ戻り 「オイレスECO」というオペレーターやブラインドのメーカーが商品の説明に来られる。
当方からも JIA賛助会員のご案内をさせていただく。

20時 「貴志川の家 Ⅱ」の打ち合わせ。
by cube-masa | 2006-11-02 09:51 | MEMO
<< 1103~1105 1028(土)/29(日) >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アクセス解析