0604(日)


先週末に二女が補助輪なしで初めて自転車に乗れた。それ以来時間があっては自転車を乗り回っている。
自動車や人に注意をするように伝えてはいるが一人では当然限界もある。幸いご近所の方はみなさんよくご存知なので助かってはいる。「地域で子どもを守る」という実感が子どもを持つと自然と沸いてくる。
先日も遊んでいる姿を見かけると首に何か下げていてよーくみると 警報器だった。
子どもは子どもで何かを考えているんだろうなぁ!感心しました。

さて 「内原の家」梅雨入りも間近ということで晴れ間の続いた日に濡れ縁にリボスを日を分けて2回塗装。
念入りにペーパーで汚れを落とした甲斐もあり、結構きれいになった。リボスのクリアーを選択したのはオスモと違って艶がほとんどと言っていいぐらいないからだ。基本的にシックな方が好きだし、なんだか木がテカテカしているのも不自然だからだ。「シックな方が好き」 と思わず書いてしまったが パッと見ると目立たないんだけど奥深さを感じることができたり、主張が強すぎなく なんとなく周囲と馴染んでいる。と言ったほうが適切かもしれない。

濡れ縁を塗っていると 近所で外構を工事している方が家の中を覗き込む。少しお話をすると「ちょっと通り過ぎたんだけど通り過ぎた後で 気にかかった」 らしい。うれしいことを仰っていただく。海南市で店舗付き住宅をお考えのようなのだが外壁を悩まれているとのことで少しアドバイス。もうすでに設計事務所が決まっているので その方と綿密に打ち合わせた方がよいので深く入り込まず。

さて、本日は午前中事務所で図面の出力を行い、そのまま大阪へ郵送。
昼前に瀧川氏がASJのイベントでオープンハウスを行っている住宅の見学。しばらく歓談する。
周囲はにんじんが生えそろっていてこんだけ量があると非常にきれいだった。もともとにんじんの葉っぱは小さく淡い緑なので目にやさしい。

そのまま帰宅。午後はゆっくりと過ごす。

山本理顕氏著 の「建築の可能性」を読んでいるが邑楽町コンペの事にも触れている。あってはならない事態が起こってしまったのだが町長変われば全て変わってしまってはならない。結局 町村合併の問題や地域文化、そして投票率の問題など複合的に絡み合った問題なのだが 建築家 の世界では重要問題として取り上げられているが 一般的には表面化されていない
そのあたりも大問題だ。
by cube-masa | 2006-06-05 08:34 | MEMO
<< 0614(水) 0525(木) >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アクセス解析